『上杉鷹山とティール組織 〜上下関係のないマネジメント』
第2回FIXプロモ研究会 セミナーレポート

講演内容

上杉鷹山とティール組織
〜上下関係のないマネジメント

講師:歴史研究家 安藤竜様
金沢歴活代表
日時:2018年7月7日(土)
場所:石川四高記念文化交流館

歴史学を現代に活かす。江戸時代と昭和平成。

下図で、藩政時代の社会情勢(青)と、現在の社会情勢(赤)を重ねてみると、歴史から現代、そして未来を読み解くことが出来る。
そして、社会の創成期、成長期、安定期、衰退期に活躍した人物を見ることで、学ぶべき内容が異なることがわかります。
・創成期に学ぶべきは織田信長
・成長期に学ぶべきは前田綱紀
・安定期に学ぶべきは徳川吉宗
・衰退期に学ぶべきは上杉鷹山(←今ここ)。

歴史学を現代に活かす。江戸時代と昭和平成。

天明の大飢饉(1782年)で一人の死者も出さなかった米沢藩。苦しい衰退期ともいえる時代に上杉鷹山がとった改革とは。
・家臣や百姓や町人からの改革意見の公募
・藩の会計帳簿を公開
・意見提出者の抜擢と抜擢者による16ケ年改革計画
・役所の統合と職務権限の委任

ティール組織と上杉鷹山

ティール組織と、その他の組織の違いはおおまかに以下の通り。
・オレンジ組織(トップダウンのピラミッド型。実力主義。)
・グリーン組織(多様性や平等や文化を重視するボトムアップ組織)
→ティール組織(変化の激しい時代における生命型組織)

ティール組織を実現するためのブレイクスルーは

①自主経営(性善説を前提にした自発性・自制心。流動的役割配分と情報共有。)
②全体性(自分自身のすべてを職場に持ち込むことができると、自分の可能性や創造性のすべてを発揮することができる
③存在目的(競争の概念はなく、ともに存在目的を追求する。)
・ティール組織のトップは、ティール組織の世界観を運営し、行動の模範を示す仕事仲間。
・上杉鷹山の改革はティール的。自らやリーダーが改革の模範となり、帳簿情報を共有し、改革意見を公募し、役割を明確にした全員参加の組織。

関連記事

  1. 『声と言葉のレッスン』
    第6回FIXプロモ研究会 セミナーレポー…

  2. 『他社の経営資源を活用した成長戦略』
    〜実例からみるアライアンス…

  3. 『クリエイターのためのデザイン心理学Up to Date』
    第8…

  4. 『なぜエステーのCMは、好感度日本一なのか 〜これからのマーケティング…

  5. 『世界のビジネスリーダーが禅に惹かれるのはなぜか
    〜鈴木大拙と西…

  6. 『あなたのAI偏差値がアップする講座』
    AIの基本・最新実例から…

  7. 『ことばとコトバと言葉』
    第3回FIXプロモ研究会 セミナーレポ…

  8. 『体験で理解するデザイン・プロセス』
    〜みんなで創るUXデザイン…

PAGE TOP